激安フライヤー印刷 チラシ印刷 I.S. SAKURAI・ポスターデザイン

Photoshopでのデータ作成方法

Adobe Photoshop

Photoshopにはトンボをつける機能がありません。それでもIllustratorの場合と同じく仕上がりから上下左右に3mm「塗り足し」が必要になっています。。
データは作成したいサイズに対して解像度が350以上必要になります。
A6(100mm×148mm)を作成する場合は、右図の様に「塗り足し」分、上下左右6mmずつ余分に(106mm×154mm)作り始めて下さい。
右図の青いガイドが仕上がり線です。これは塗り足しも作成してあり、文字も仕上がり線より2〜3mm程度内側に配置してありますので、もし断裁がズレてしまった時にも文字が切れてしまったり、紙の色が出てしまうといった不備はおこりません。
   
こちらは106mm×154mmで作成し始めたのですが、仕上がりサイズ100mm×148 mmぴったりにデータを作成し、文字も仕上がり線ギリギリに配置してあります。
もし断裁がズレてしまった場合、重要な文字やロゴが読めなくなったり紙の色が出てしまう可能性があります
   
もうひとつ確認して頂きたいのが、データを作成した際に画像を統合しないで入稿するパターンがあります。この場合、弊社で画像を統合すると文字が変化したり、他の不備が生じる場合がございますので必ず右図の様に画像を統合してご入稿下さい。
 






STAFF DIARY

オリジナル オンデマンド 写真集 フォトコレ







© 2008 IS SAKURAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.